2016年10月9日日曜日

$ brew install hoge で Error: Empty installation

El Capitanにrbenvをinstallしようと思って $ brew install rbenv を打つも以下のエラー

==> Installing dependencies for rbenv: ruby-build
==> Installing rbenv dependency: ruby-build
==> Using the sandbox
Error: Empty installation

エラーでググっても大した情報は出てこない。 手順を間違えているようにも思えない。

そこで –verbose オプションを付けて実行してみる

$ brew install --verbose rbenv
==> Installing dependencies for rbenv: ruby-build
==> Installing rbenv dependency: ruby-build
==> Using the sandbox
/usr/bin/sandbox-exec -f /tmp/homebrew20160929-18347-1b0zrum.sb nice /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.0/usr/bin/ruby -W0 -I /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew -- /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/build.rb /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-core/Formula/ruby-build.rb --verbose
Error: Empty installation

うーん、なにもおかしいところは見当たらな、、、い!?!?
と思ったら実行されているコマンド nice に心当たりが。

なんと僕は nice というコマンドが存在していることを知らずに同名のコマンドを自作してしまっていた。

削除後もう一度実行すると無事完了した

🍺 /usr/local/Cellar/rbenv/1.0.0: 36 files, 62.0K

なんともマヌケな理由でハマってしまったがniceコマンドを知るキッカケになった。
niceは、優先順位を指定してコマンドを実行するというコマンドらしい。

もう一つ教訓。自作コマンドは引数チェックをしっかりやろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿